【BLUE REFLECTION】クセの強い女子高生達が世界を救う




2017年3月30日発売"BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣"をクリアーしました。

2年以上も前のゲームではありますが、ちょっと前のPSストアのセールで購入して、この度クリアーしましたので簡単に感想など。

ジャンルは『ヒロイックRPG』とのことです。最初は何のこっちゃって感じでしたが、要は変身ヒーロー・魔法少女・人知れず世界を守るために奔走する・一部のクラスメイトは正体を知っていて応援をしてくれる、といった要素が盛り込まれており、なるほどニ〇アサスーパーヒーロータイム的な雰囲気が少なからずあります。

本作では学園パートと探索パートと襲来パートに分かれていて、これらを繰り返すことでストーリーが進行します。

・学園パート=友人との交流や生徒達の悩みを解決することでレベルアップやフラグメント(強化アイテム)を得る。
・探索パート=友人や生徒達の悩みを解決するために精神世界(コモン)でのミッションをこなす。
・襲来パート=大型ボスが学園に襲来。撃退や殲滅をすることで次章へ進む。

探索パートで訪れるダンジョン"コモン"は狭く、徘徊する敵の数も少ないですし戦闘も難しくないです。

中盤以降は攻撃バフ→全体攻撃1~2発で大体の雑魚戦は片が付きますのでとてもヌルく、戦闘を重ねたからと言ってレベルアップするわけではないので、クリアーするだけなら全避けしてもOKな感じです。(※トロコンしたい場合はドロップ素材が必要になるので積極的に戦闘した方が良いですが)

実質このゲームのメインは学園パートで、それにRPG的な要素もくっついてきますよと…、そんなゲームかと思います。

良かったところ

《女子高生になって青春を謳歌?できる》
主人公3人+仲間キャラクター12人の計15人が登場する学園パート。交流を重ねて絆を深めることで主人公はレベルアップしていくので、キャラクターが出揃う中盤以降はコモン探索より学校に居る時間の方が長くなりがちです。

しかしこれが意外と苦にならないのは、この15人が織り成すドラマが面白い(濃い)のと学園内の移動が楽だから。

移動中にL1を押すだけでスクールマップが表示されるので、目的地に瞬時にワープすることが可能です。さらに会話イベントがあるときは吹き出しマークが出て教えてくれるなどの配慮もありがたいです。

展開される学園ドラマですが、真面目な優等生タイプの子が実はヒップホップ好きでラップバトルをする羽目になったり、どう見ても我々オタクとは住む世界の違うギャル子ちゃんなのに実はコスプレ大好きでオタクに対して全く偏見がない事が分かったり、まぁ濃いです。というか基本的に変な人間しか居ないですねこの学校は…。

《そんな変な女の子達が世界を救う》
探索パートはオマケみたいなものですが、襲来パートはBGMのカッコ良さもあってかなり熱いです。

仲間になった女の子達はサポートキャラクターとして共に戦ってくれます。バスケットボールやテニスボールをぶつけて攻撃してくれたり、応援で体力を回復してくれたり行動を早めてくれたり効果は様々。正直そんなに役に立ってる感じはありませんが、各々がやれることを精一杯やる健気さが良いです。

そしてトドメ演出が燃える。これぞヒーロー。女の子だけどヒロインではなく、あくまでヒーロー(男前)です。

良くなかったところ

《『RPG』としては弱い》
RPGと聞いてどういったものを想像するかにもよると思うんですが、このゲームには経験値を稼ぐ・装備を整えるという概念はありませんので、あまり「っいよぉ~~~し!RPGやっるぞぉ~!」と気合を入れて始めると肩透かしを食らうでしょう。…そんな人が居るかは分かりませんけども。

かろうじて技やキャラクター性能をアップさせるアイテム(仲間と絆を深めることで入手)はあり、強化することも可能ですが、やり込みポイントはこれくらいしかありませんので、RPGと呼ぶにはあっさりし過ぎていると思います。

《中盤までは盛り上がりに欠ける辛い時間帯》
仲間が出揃う中盤までは、基本的に同じような展開の繰り返しです。
新キャラ顔見せ→悩み解決して加入→交流しながらクエスト消化→ボス撃退→新キャラ顔見せ→…という感じ。

この時間帯が長いために、せっかく中盤~終盤が物凄くヒロイックで熱いのに、そこに到達するまでに飽きてしまう可能性は完全には否定できません。

私も麻央ちゃんが居なかったら途中で諦めていたかも知れません…。
最も深い闇を抱え、最も強い力を持つ裏の主人公、麻央ちゃんがとにかく愛おしい。

 

《トロコン完了!》

1周でコンプ可能です。難しいトロフィーはありませんが、"やみを統べるものを統べる者"は条件が分かりにくいので攻略情報の確認を推奨。

一番面倒なのは"敏腕クリエイター"達成のための素材集めですが、10章のフリー期間でおそらく集め切ることが可能かと思われます(未確認)
素材集めマラソンが嫌な方は、コモンに立ち入った際は積極的に雑魚を狩る事をお勧めします。また一之瀬亜子から入手できるフラグメント『ささやかな幸福』でアイテムのドロップ数が増えるので、亜子が加入したら即入手を推奨。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です